必要な保険とは│checkすべきinformation

金融商品の代表格保険は生活を守るパートナー

歴史を知っておく

病気になったり、トラブルが発生した時に助けてくれる保険。そんな保険を上手に選ぶ事で、どの程度助けてもらえるかという事が大きく違ってきます。そのため、上手に保険を選ぶことがとても重要なのです。

 Read More

相場を知る

保険に関することで特に注目すべきポイントは相場です。どんなに良い料金であっても保険料金が高くては経済的に支払いすることが困難になってしまいます。そこで節税対策も含めチェックすべくことを紹介します。

 Read More

見直す

保険に関することで、気になるポイントがある場合や今までよりも安くしたいと考える場合には保険相談サービスを提供しているショップが最適です。このショップでは無料で保険に関することを相談できるのです。

 Read More

詳しく確認

持病を持っている人の場合は健康な人と比較すると保険を利用する確率が高いと言われており、保険に加入できないこともありましたが、最近ではそのようなことは徐々になくなりつつあるので、チェックしてみましょう。

 Read More

入る前に知っておく

ただ黒字を出すだけが会社の経営に必要なことではありません。保険で節税対策を行なうということも大事な経営となるのです。

生命保険に加入する前に

職場に保険会社のセールスレディーが昼休み勧誘しにくる、いろいろ話を聞いてすすめられたりといったケースもありますが、これをファイナンシャルプランナーに保険相談をすると本当に必要な保険なのかどうかが分かるのです。保険相談は、何も必ず何か最適な保険を見つけてくれてそれに加入しなければならないというのが保険相談ではなく、保険に加入しないというのも保険相談のひとつなのです。例えば、まだ結婚をされていなくて独身で子供がいないとなると生命保険に加入するのが無駄なのです。死んだからといって誰も悲しむ人がいないというのは語弊がありますが、子供や妻がいないので金銭面で困るといった人がいないのに両親を受取人としてる間違った保険の選択なのです。

まずは、企業保障を確認する

生命保険相談で、まず確認することは企業の保障がどうなっているかです。国の保障としては遺族年金がありますが、勤めている企業の保障にも死亡退職金や遺族弔慰金、そして何かあった時のお見舞金、労働災害で亡くなった場合は労働災害補償保険などが準備されているかどうかを確認します。国からどんな保障があるかは調べやすいのですが、勤めている企業にどんな保障があるかを面倒だからといって調べないまま民間の保険を選んで加入していると、保障の内容が重なってしまうことになりかねないです。そうすると無駄な保険料を負担していたということになります。保険相談では、このように無駄な保険料の支払いや必要以上の保障額を準備していたりすることがわかります。

Copyright (c) 2015 必要な保険とは│checkすべきinformation all reserved.