必要な保険とは│checkすべきinformation

金融商品の代表格保険は生活を守るパートナー

相場を知る

生命保険料の相場について

生保商品の費用相場は、その商品の保障額やその時の予定利率、および払い込み回数によって異なります。まず保障額についてですが、これは保障額が高額であればあるほど当然ながらに保険料は高くなります。次に予定利率ですが、予定利率とは保険会社が顧客に対して約束する最低保障利回りであり、予定利率が高い保険商品ほど保障額に対して支払わなければならない保険料は低くなります。例えば同じ保障額であっても、利率が1パーセントと2パーセントの商品では必要払い込み額は異なるのです。最後に保険料の払い込み方法についてですが、支払い方法には月払い、半年払い、年払いおよび一括前払いの4種類の支払い方法があり、一括前払いによる払い込みが金額的には一番高額となりますが中長期的には割安となります。

加入によって得られる節税効果の特徴について

生保は病気や事故に遭った時に金銭的な保障を受けられるという商品であり、日本では殆どの人が加入していると言われています。但し、全ての人が保障の確保を目的として加入しているわけではなく、中には節税対策の一環として加入している人もいます。節税対策効果が最も大きいのは相続税や贈与税の軽減です。日本では現金をそのまま被相続人に相続すると高い税金がかかりますが、保険金の受け取りに対しては保険金の基礎控除制度があるためにそれほど高い税金はかからないので節税対策として活用する事が出来るのです。すなわち、多額の資産を保有している人は、自身に高額の終身保険をかけ保険金という形で被相続人に財産を残す事により、非相続人の相続税負担を軽減する事が出来るのです。また保険料として払い込んでいる費用は税務上損金算入する事が可能なため、これで節税対策を行っている事業主も多いです。

Copyright (c) 2015 必要な保険とは│checkすべきinformation all reserved.